2008年05月07日

Infotopの不公平な審査にトラブル続出

今や、情報販売サイトの最大手といわれる
株式会社インフォトップ

最近のInfotopは、いったいどうなっているのか?



最近の不公平な審査にトラブル続出。

「インフォトップの審査担当は、
いったい何を審査しているのか。」と、
評判と信頼は、がた落ち。

それもそのはず。


「インフォトップは
菅野氏の周りにいる起業家を儲けさせるのが目的」
もっぱら言われている。

菅野氏とは、
インフォトップ取締役で情報起業界の大立者菅野一勢氏のこと。


インフォトップの審査基準を満たさない商材を審査に通し、
決済取り扱いよりも厳しい審査を受ける広告掲載も、
掲載基準に抵触することが明らかであるにもかかわらず
同社関連会社、株式会社インフォトップマーケティング
( 代表取締役笠浪哲司) は掲載を許している。


すでに、一般の消費者、アフィリエイター、
発行人の信用を失ってしまった。



多くのインフォプレーナー(商材発行者)が、
呆れてInfocart(インフォカート)等に
乗り換えているのが現状。


販売金額だけをみても、
70,000円以上の商材が108件
100,000円以上 41件
200,000円以上 17件
300,000円以上 4件
が、未だに登録されています。

それら全てが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?

もっとも、金額については、
デリケートで独占禁止法に触れるため、
下手なことはいえませんが...

その割りに、1〜2万円の商材を、
価格相当ではないから価格を落とすようにと
言われている発行者が結構いると聞くのは
矛盾していると思えるが...


私も、Infotopへの不公平さに不信感/嫌気がさしている一人です。


posted by おきあがりこぼし at 00:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95778857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


astyle ANAショッピングサイト



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。